普通解雇って?

普通解雇とは、
労働者の労働能力の低下や労働適性の欠如、
勤務態度不良
など、労働者側の原因による解雇のことを言います。

なので当然、リストラによる整理解雇や、懲戒解雇とは
違うわけです。


これは、一般的にといわれる「解雇」なんですね。

いわば、労働者と使用者の信頼関係が崩れた解雇とも言えます。

解雇をするには必要な条件があって、法律に厳しく決められています。

まず、就業規則に解雇についての事項、解雇事由が
明記されていることが大切です。

解雇に客観的に・理的な理由があるかどうかも条件となります。


具体的には、次のようなものが挙げられます。
・勤務態度などが悪い
・私傷病によって雇用契約通りに働けなくなった
 ただし傷病の原因が会社側にもある場合、
 傷病回復の可能性がある場合、
 配置転換の可能性などがある場合は認められません。

そのほか、
職務上の不正行為や継続的な暴力や暴言、
虚偽の内容による会社批判
なども解雇が認められます。


『MONEY CARD』年会費永久無料
| 日記

解雇の種類


解雇は、通常3種類に分けられており、いわゆるリストラとは
関係のない解雇もあります。

◆普通解雇
企業の就業規則に定められている解雇自由に相当する事実に
よって行われる解雇のことを言います。
単に「解雇」と呼ばれる場合もあります。


◆整理解雇
普通解雇のなかでも、倒産の回避など、会社の経営上の理由のために
人員の削減が必要な場合に行われる解雇のことを言います。

整理解雇を行う場合は、四つの案件を満たす必要があり、
それらの案件のことを「整理解雇の四案件」と呼びます。
リストラによる解雇は、この整理解雇となる場合がほとんどです。


◆懲戒解雇
労働者が、着服や横領などの法に抵触する犯罪行為や、
経歴詐称、長期の無断欠勤などの著しく重大な違反行為を
した場合の懲罰として、就業規則上の最も重い懲戒処分を
科されて行われる解雇のことを言います。

懲戒解雇は再就職への大きな障害となり、
懲戒解雇を受けた労働者の再就職は非常に困難となります。
| 日記

解雇とは

解雇とは、
雇用契約を結んでいる雇用者の一方的な意思で、
雇用契約を中途で解約されることを言います。

しかし、雇用者が解雇を行うためには厳しい条件が
決められています。


まず、就業規則に解雇事由について明記されており、
解雇の理由がその解雇事由に該当すること。

さらに、その理由は、「客観的に合理的な理由」であること。

平成19年に労働契約法により定められました。

これにより、たとえ就業規則の解雇事由に該当する場合でも、
客観的に合理的であり、
社会通念から見ても妥当性がなければ、解雇できません。

解雇する前に、配置転換や異動などをして解雇を回避する
努力を行ったかどうかも、大切になります。


また、労働基準法では、使用者が解雇を行うには、
解雇日の30日以上前に労働者に解雇を通告するように
定めています。



【日本文化センター】のグルコサミンとコンドロイチン
東京スカイツリーは魅力いっぱい
永久脱毛って効果あるの?
| 日記

リストラの種類


◆退職勧告
希望退職者を募るだけでなく、遠回しな表現で打診を受ける場合もあります。

◆賃金やボーナスのカット
給料の減額、ボーナスのカットなどです。
ほかの同期の従業員と比べて極端に減額、または急にカットされた場合は、
一つの退職勧告とも捉えられます。

◆配置転換
キャリアアップなどの妥当性が考えられにくい部署への配置転換を指します。
拒否することで退職に追い込まれる場合もあります。

◆降格
各種手当てのカットのために行われます。
降格による精神的な打撃で自主退職へと繋がる場合が多くなります。

◆転籍
親会社から子会社へと完全に籍を移すことを言います。
転籍した場合は、親会社に戻る可能性はきわめて低くなります。


サトウ式 耳鳴り・難聴・めまい改善術
在宅ワークってどんなの?
婚活生活

コレっていいわよ!
本格ネイルチップが1000円以下!

ダブルスピーク


1980年後半から「リストラ」という言葉が使われ始めました。

経営側の心理的な後ろめたさを軽減する目的から
、日本語を「リストラ」という英語に意図的に
言い換えた使い方が行われました。


このような言葉の使い方を「ダブルスピーク」といいます。

いわゆる、あいまいな表現方法として使います。


当初は、婉曲表現として使い始めた「リストラ」言葉も、
「リストラ」=「人員整理」あるいは「解雇」という解釈が
一般的になってきた現在では、
逆に、この言葉の使用をやめ、
「事業の再構築」や「組織の建て直し」といった
日本語で表現されるようになってきたといわれています。


続木和子 7日間口臭改善プログラム
アミノ酸って大切なのね
ケアマネージャーの仕事って?
| 日記

実際の「リストラ」

実際に「リストラ」という言葉が使われる際は、
不採算事業や部署の廃止や縮小を行うための組織の再構築が多く、
それに伴い従業員の解雇が行われる場合がほとんどです。


本来の意味は、
事業規模の拡大や、従業員数の維持もしくは
増強を伴う組織の再構築といった意味合いをもつものですが・・・。

そのため、日本を含めた多くの国において、
「リストラ」という言葉の本来の意味を離れ、
組織の再構築を実施したことによる「事情規模の縮小」と、
それに伴う、「従業員削減」という意味で使われるようになりました。

「リストラ」=「解雇」という使い方をされるケースも
少なくはありません。


やずやケフィアドリンク おためし
「たねまる」がんばる
自動車保険の基礎知識

リストラって?


「リストラ」という言葉を聞いて、
企業における従業員数の削減や、事業規模の縮小、
部署の廃止といったことを想像された方は多いと思います。

「リストラ」とは、「Restructuring」という英語の略語であり、
この英語の意味は、「再(Re)構築(structuring)」となります。

日本において「リストラ」とカタカナで表記される場合の
ほとんどは、前述の従業員の削減や事業規模の縮小といった
意味で使われていますが、
英語では、そういった意味に限定した使い方は存在しないそうです。


英語の略語としての「リストラ」という言葉は、
本来、企業が事業規模に合わせて組織の再編成を行うことに対して
使われる言葉であり、その再編成に対して、
事業規模の縮小や人員数の増減を問うことはありません。

ですが、実際に「リストラ」という言葉が使われる際は、
不採算事業や部署の廃止や縮小を行うための
組織の再構築が多く、
それに伴い従業員の解雇が行われる場合がほとんどです。


MCナースネット
豊胸でより魅力的な女性に
体を動かして若さをキープしよう
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。